フィリピンになぜPGCが必要なのか



それを知るにはフィリピンのお国事情から知る必要があります。フィリピンは世界銀行から発展途上国という区分に分類されている未だ貧しい国のうちに入ります。しかもGDPのフィリピンのGDPの10%がOFWによるものです。そう海外出稼ぎ労働者によるものです。これは結構異常な数値でフィリピン経済が出稼ぎ労働に支えられていると言っても過言ではありません。そこで一つ問題となっているのがフィリピンに送金する際の銀行がはねる送金手数料です。1万円の送金を行い1000円の手数料を取られるというのが今の現状です。ここでその問題を解決するのがブロックチェーンの特性を生かしたPGC(フィリピングローバルコイン)です。

PGCフィリピングローバルコインの手数料



ではPGC(フィリピングローバルコイン)の手数料はいくらなのか?今同時に開発&改修も進んでいるので一概には言えませんが一回の送金に数十円ほどの手数料になる予定だと私は聞いています。これは分散台帳技術に区分されるブロックチェーンという技術を使うことで可能になります。中央管理型ではないのでまずコストが大幅に削ることが可能です。中央集権型の銀行ではサーバーの維持コストそれを支えるエンジニアの人件費、光熱費など避けることができないコストがかかります。これを乗せてなおかつ利益を上乗せしないと銀行の送金システムは機能しません。送金手数料が高くなるのは必然的なことなのです。分散型台帳技術を応用したブロックチェーンで形成されたPGC(フィリピングローバルコイン)であればその問題が一気に解決されます。

PGC(フィリピングローバルコイン)の送金時間

送金手数料も大幅に下がるのですが、メリットはそれだけでなく送金時間も大幅に短縮することが可能です。現在日本からフィリピンに送金を銀行から行う場合1日かかるものをPGCを使うことでわずか数分で着金させることが可能になります。どんなに少額でも、逆に大きな金額でもへだたることなくスピーディーに着金が可能になります。

PGCコインの今後と展開について

上記に挙げたようにフィリピンというお国柄PGCコインは何としても国を挙げて導入したいものになりつつあると私は感じております。PGCコインを扱う人が増えれば増えるほどPGCの価値は上がって行くでしょう。まだ一般プレセールが始まっていないのでチャンスがあります。投機で考えるのもありですがPGC、フィリピンの今後の未来に投資するというのはすごく素晴らしいことではないかと思います。